07/21/2018

期待と不安が入り交じる一人暮らしを語ります。

実家で暮らしていたときと違い、一人暮らしでは何でも自分でやらなければいけません。特にしっかりしておきたいのはお金の管理と防犯対策です。まず、お金の管理は一人で自由にお金を使えるようになるからこそ注意が必要です。一ヶ月の必要経費は主に家賃、食費、水道光熱費などが挙げられます。家賃は節約できないので、それ以外で一ヶ月に使うお金を決めておくことが大切です。一人暮らしをしたら自分で使う金額を決めておいて、その金額に無理がないかどうかを実験しつつ暮らすことでお金を管理する習慣がつくでしょう。

次に防犯対策について、一人暮らしでは性別に関係なく防犯対策をしっかりとしておく必要があります。玄関や窓の鍵を忘れずに施錠することは当然ですが、ドアについている郵便受けから部屋の中が見えないように工夫しておくこともポイントです。中の様子を覗かれるといった被害はよくあるので、部屋が見えないように紙を貼っておくなどの工夫をすると安心でしょう。

また、一人暮らしが始まると様々なものの勧誘が来ることがあります。必要なものは契約をすると良いのですが、強引な勧誘が来ることがあるので来客の際には誰が来たか確認してから出るようにしましょう。最後に隣人との関わりについてですが、顔見知りになっておく必要はあるでしょう。アパートなどでの一人暮らしの場合は、隣人とのトラブルが起こってしまうことがあります。平和に解決したり困ったときに助け合うためにも、引っ越しの際の挨拶はしっかりとしておくことが重要です。自分が快適に暮らすためにも、しっかりとした対策が必要なのです。