11/17/2018

期待と不安が入り交じる一人暮らしを語ります。

学生時代を終え、いよいよ就職が決まって実家を離れ新しい街で一人暮らしを始める人もいることですが、一人暮らしをして決めた職場でただ働くだけが全てではありません。一人暮らしを始めることは、本当に自分がこれからすべきことや、どのような人生プランをしていけば良いかを考えることができる大きなチャンスです。誰の意見にも左右されることなく自分の意志で何がしたいのか、これからどのようにお金を貯めて、どんな風に人生を過ごしていけばいいか見つめることができるため、本当にやりたいことが見つかるきっかけにもなるでしょう。

仕事をしていると朝早くに職場に行って夜遅くに帰宅することもあるが、それが苦に感じて人生のパートナーを見つけて結婚し、新しい生き方をする人もいれば、仕事が楽しく、自分にとっての天職だと仕事中心に生きようと思うのか、感じ方は人それぞれであり生活をしていく中で様々な選択をしなければいけない岐路に立つこともあります。

こういった様々な選択肢や人生の分岐点に立つことは、実家を出てみて一人になって初めて見えてくることでもあります。そのため、様々な選択をしていろんな挑戦をするか、自分にとっての最善となる道を選ぶかなど人それぞれといえるでしょう。人生において最も大切なことは人に流されずに自分の意志を貫くことです。そのためにも一人で生活をして一人暮らしに慣れ親しみ、その中で今後何をすればいいか、お金をどう貯めていくかなどの課題と真剣に向き合うことが必要なのです。